TOP<ZEHについて

[ ZEHについて ]

ZEH・Nearly ZEHについて

政府は、「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅の一次消費エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、ZEH)を、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均での実現を目指す」という政策を掲げました。

ZEH-ゼッチ-(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、極めて断熱性能が高い家を基本とし、省エネ性能の高い設備や太陽光発電等の再生可能エネルギーを活用することによって、一年間に住宅で作り出したエネルギーが、消費する一次エネルギー量を上まわるか、若しくはその差がゼロになる住宅(100%以上削減)を指します。また、Nearly ZEHとは、基本的にはZEHと同様ですが、削減率が75%以上100%未満の住宅を指します。

三宅工務店は、2020年までのZEH普及率目標を以下の通り定め、その普及に努めるとともに、不要なエネルギーを使わないライフスタイルの啓発を進めることで、地球環境の保全と、お客様の快適で豊かな暮らしの実現に貢献します。

具体的なZEH普及策(ZEH低コスト化への取り組み等)

【1】ZEHの周知・普及に向けた具体策

①お客様への光熱費、省エネシュミレーションの提供(ZEH判定を実施)
②販売キャンペーン開催。ホームページ、チラシ等各種広告媒体におけるZEH対応の告知

【2】ZEHのコストダウンにむけた具体策

①低価格で施工性の優れた高断熱・高気密パネルの採用(断熱材施工人口の削減)
②太陽光発電初期支出0円「楽暮らし発電※」の推進
※より多くの方に太陽光発電システムを設置していただくために、お客様の金利負担なしで、太陽光発電システムを設置できるクレジットサービスを導入しております

【3】その他の取り組みなど

①社員へZEHの必要性、社会的意識等を教育し、ZEHの普及を図る
②LIXILグループ力を活かして、一次エネルギー消費量を抑えた最新の設備を一早く導入する

ZEH普及目標